目的地の名前を聞き取れば通訳しやすい

私は以前は急に観光客に話しかけられるのが嫌だったので、外国人のような人が街にいたら避けるようにしていました。しかし、道を聞いてくる外国人は非常に不安になっているので、困っている外国人を助けてあげた方がいいと思いました。そのため、外国人に声をかけられても大丈夫なように英語力を上げることにしました。道案内をするためにはいろいろな英単語や熟語を覚えないといけないと思われがちです。

 

しかし、道順を聞かれ時に最も必要なのは相手が行きたがっている目的地の名前を聞き取る力です。例えば、観光客が言っている言葉の中から駅名を聞き取れるようになればいいです。目的地さえ正確に分かれば地図を使って簡単に通訳ができます。また、道案内をするときには目印になるような特徴のある建物の場所を知らせてあげると分かりやすいです。

 

外国人に道案内をする際に使える英語のフレーズをいくつか知っていれば、友達と待ち合わせをしているときに急に観光客に道案内を頼まれても安心です。通訳をする時には、スマホがあればある程度解決できます。グーグルに、「リスを英語で?」と話しかけるだけできちんと発音までしてくれるのですから。

 

だから単語だけでの話は成り立ちますが、これは厳密には会話とは呼べません。やはり文法を理解していないことには文章は作れないからです。身振り手振りで伝えられたら苦労しませんが、それでも通じないことは山のようにあります。

 

となると英語を勉強しなければならないのかと言ったら、私は「思い出し作業」をするだけだと言いたいです。英語でのちょっとした会話に高校英語なんて要らなくて、中学英語の初期の初期の文法だけで伝わるものはグッと広がるからです。これを、「私は英語が苦手だから」という一言で逃げてしまう人が多すぎるように思います。

 

苦手なのではなくてやろうとしないのです。簡単な通訳なら誰にでもできるはずなので、そう構えずにいてほしいなと思います。東京オリンピックに向けて、英語の思い出し作業をする人が増えたらいいなと思います。

PR|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|健康マニアによる無病ライフ|SEOアクセスアップ相互リンク集|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|JALカード|オーディオ|生命保険の口コミ.COM|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|女性の生き方
|工務店向け集客ノウハウ|